開業にあたり、まず個人事業にするか法人事業にするか検討が必要です。
または個人事業であれば、どの時点で法人組織にすればよいか悩ましいところです。
個人と法人のメリット・デメリットを理解し、判断されるのが宜しいでしょう。
まずはじっくりとご相談ください。
また設立後も法人であれば役員報酬の決定など重要な事項もございますので、十分納得され
るまで相談されることをおすすめします。
私どもは開業にあたり、必要な情報を提供させていただきます。
法務局へ会社設立登記申請書類を提出します。
書類を提出した日が会社の設立日となります。
会社設立後の届出税務署、市町村などに届出をします。

会社設立の流れ

会社の概要の決定

会社名や事業目的など会社の基本事項を定めます。

定款の作成

会社の基本事項を文書にします。これを「定款」とよびます。

定款の認証

公証役場にて作成した定款の認証を受けます。
※定款の認証とは、定款が正しい手続きに従って作成されたものであることを公的に証明してもらう
ことです。合同会社を設立する場合は不要です。

出資金の払い込み

出資金を代表発起人(合同会社は代表社員)の口座に振り込みます。

会社設立登記申請

法務局へ会社設立登記申請書類を提出します。書類を提出した日が会社の設立日となります。

会社設立後の届出

税務署、市町村などに届出をします。